03.24
Fri
DSC_7309_convert_20160711170507.jpg
TPN劇場公演2016「初恋」より

What?THEATER PROJECT NARA

miyukishirokuro1_convert_20170113184504.jpg TPN主宰/なかもとみゆき

シアター・プロジェクト・奈良は、その前身となる「TPN演劇ワークショップ2009」に参加した有志によって創設された演劇創作集団です。「教える、教わる」という立場から離れ、メンバー全員が主体的に創作活動をしています。演劇を通じて「真に生きている瞬間」を探求する為に年間400時間の稽古を実施。特に、海外の演劇メソッドを取り入れた稽古や、思想・哲学・言語理解・心理探求・社会問題など様々な事柄についての長時間に及ぶディスカッションは他に類を見ない独創的な稽古です。それはシアター・プロジェクト・奈良の独自の世界観を創り上げる揺るぎのない土台となっています。また、演劇創作の過程で生まれる様々なメソッドを人や社会をつなげるツールとして活用することが私たちのもうひとつの目的であり、その一環として活動のすべてのコンテンツに基金を設け収益の一部を東日本大震災被災者や震災孤児支援、海外支援として寄付しています。近年は演劇を利用した「コミュニケーション・ワークショップ」にも積極的に取り組み、青少年や社会人のコミュニケーション能力や表現力の向上をサポートする活動も行っています。学校公演や演劇ワークショップ、奈良県との協働による「奈良県体験学習プログラム」「子どもと大人でつくる地域のつながり事業」などにも取り組んでいます。その他、市民団体やNPO団体と連携したプロジェクトも展開しています。

シアター・プロジェクト・奈良info

TPN劇場公演2017「小さな物語をあなたに」鋭意制作中(6月公演予定)
山吹草太の代表的な3つの短編戯曲を新たな世界観で舞台化したTPN渾身の作品ですお楽しみに。

日本パントマイム界の第一人者 清水きよし氏
「マイム生活50周年記念ワークショップ2017inシアター・プロジェクト・奈良」開催予定!

2012年にシアター・プロジェクト・奈良の稽古場で非公開で行われた珠玉のワークショップ第2弾を企画中です。
開催日:2017年7月29日(土)
場所:TPN演劇スタジオ(仮)
時間:13:00~18:00(仮)
内容:マイムワークショップ&ミニ公演(仮)
対象:TPNメンバー/TPN関係者/一般/(限定25名仮)
料金:有料(未定)
※開催内容の詳細が決まり次第このページにて告知いたしますのでしばらくお待ちください。

Sota Yamabuki Communication Workshop2017
コミュニケーションのための演劇ワークショップ

6639316_323300411516.jpg
コミュニケーションという呪縛から自由になれば、人間関係はもっと豊かになる。
2016年度、奈良市ボランティアインフォメーションセンター主催で行われた山吹草太コミュニケーション・ワークショップ「コミュニケーション力&表現力向上ワークショップ全5回+特別編1回」は、定員に対して3倍の申込みが殺到し、抽選の結果83名が受講する盛況となりました。このことは、現代人がいかに自身のコミュニケーション能力不安を抱えているかを物語るものです。2017年度はこのコミュニケーション・ワークショップが「コミュニケーションのための演劇ワークショップ」として名称も新たに本格的な始動を始めます。奈良県内の公的機関による無料ワークショップ企画の予定と同時に一般にも広く公開されます。これに伴い開催を希望される市町村、企業や各種グループの募集を受け付けます。皆さんも、海外の俳優訓練を用いたユニークなワークショップを体験してみませんか?

tpnlast_034_convert_20170109091020.jpg

募集要項
全国の行政機関・企業やNPO団体又は各種グループ単位でお申し込みください。尚、個人でのお申し込みは出来ません。
また、団体の活動内容や集会の趣旨によってはお断りさせていただく場合がありますご了承ください。
○所要時間2時間程度
○日時・会場・参加者は主催者側で確保及び調整してください
○ワークショップ対象
※行政機関/NPO/非営利団体/市町村の任意団体/学校/一般企業の社員研修/有料催事など。
○活動にかかる経費や交通費はご負担いただきます。
○この活動の収益の一部は東日本大震災「震災孤児・遺児」に寄付されます。

山吹草太 詩人・戯曲家・演出家 略歴
山形県酒田市出身/第45回コスモス文学新人賞受賞。イギリスの世界的演出家デヴィッド・ルヴォーのワークショップにて演出の技法を学ぶ。関東や関西で20年以上に渡り200名以上の舞台俳優を指導。NHKアニメ忍たま乱太郎劇場版ミュージカル「ニセ金づくりを捕まえろ」アニメ「心に愛の花が咲く」等を脚本・演出。著書「5つのパンと2匹の魚」は詩人の吉野弘に高い評価を受ける。30作品を越える長編・短編戯曲を発表作品は全国の劇団や高校演劇で上演されている。演劇を学ぶ以前に解決しなければならない課題として「ゼロの視点」を提唱。独自のメソッドで既成概念を捉え直し、「真に生きている瞬間」を舞台のみならず、人と社会にフィードバックさせる活動を続けている。現在、シアター・プロジェクト・奈良芸術監督。

問い合わせ先山吹草太事務所 山吹草太「コミュニケーション・ワークショップ」事務局
TEL&FAX0743-75-0662 メールsota_yamabuki@ybb.ne.jp


◆TPNメンバー募集 (初回のみ体験無料)専用ダイヤル080-1492-1150
DSC_8059_convert_20160902141919.jpg

役者を目指す人も、目指さない人も、共に演劇から生きる智慧を学ぶ開かれた稽古場。


◆TPN正式メンバー募集要項
※日時:毎週土曜13:00~最長22:00(年間400時間程度)
★学業や仕事の都合に合わせて無理なく参加日や参加時間を自分で調整可能です。
※稽古場:TPN奈良演劇スタジオ(近鉄奈良駅徒歩5分)
※応募資格:16歳~男女経験不問
※候補生として100時間の稽古修了後に審査~合格者のみ正式メンバーとして登録
※活動内容・活動趣旨をご理解いただける方のみ面接※活動費月額10,000円(18歳まで8,000円)

◆TPNジュニア研究生募集要項
※日時:毎週土曜13:00~17:00(年間190時間程度)
★学業の都合に合わせて無理なく参加日や参加時間を自分で調整可能です。
※稽古場:TPN奈良演劇スタジオ(近鉄奈良駅徒歩5分)
※応募資格:10歳~18歳男女経験不問(TPN正式メンバー登録審査は16歳からになります)
※研究生審査(研究生&保護者面談・作文・質疑応答)
※活動内容・活動趣旨をご理解いただける方のみ参加許可※活動費月額8,000円
※要保護者面談・要保護者承諾書・移動中又は稽古中の事故や怪我等について自己責任(保護者)で参加できる方
★特記事項※年齢を考慮した特別指導は行いません。正式メンバー(大人)と共に基礎練習や創作活動に関わりながら自ら学ぶ意志のある青少年を募集します/俳優修業を通して社会人としての礼儀作法と演劇の基礎を学びます。教室や習い事等のイメージとは異なりますのでご了承ください。

◆ビジターメンバー募集要項「合同レッスン」 (初回のみ体験2,000円)
※面談の上、ビジター登録を許可された方のみ参加可能(要事前予約)
※他団体・プロダクションに所属の方は許可を得て応募してください。
※ビジターメンバーは公演には出演できませんのでご了承ください。
☆TPNメンバーと合同レッスンとなります。
●昼の部 毎週土曜日13:00~17:00 ※1回4,000円
●夜の部 毎週土曜日18:00~21:00 ※1回3,000円
※本公演に向けた作品の稽古中は個人へのアクティングはありません。作品の創作の過程に参加しながら、演技指導や演出過程を自分で学ぶスタイルになりますのでご了承ください。
●プライベートレッスン希望者は毎週土曜日10:00~12:00の間で受け付けますのでご相談ください。

土曜日通常稽古の主なタイムスケジュール(本公演が決定次第特別スケジュールになります)
演劇公演や舞台に出演するしないは自由です。目的に合わせて共に学びます

10:00~12:00プライベートレッスン(完全予約制)
12:00~13:00休憩・面談・説明会・レッスン準備等
13:00~14:30ストレッチ/クラッシックバレエ基礎・ダンス・身体訓練
15:00~17:00エクササイズ・エチュード・アクティング・演技等
17:00~18:00休憩食事タイム
18:00~21:00クリエイティブメソッド・演技・演劇全般の創作実践
※TPN演劇スタジオの地図は下記を参照してください。

奈良市花芝町6プラザ花芝ビル2F「TPN演劇スタジオ」
hanasibamap_20160824130249d6a.jpg




スポンサーサイト
06.19
Tue
シアター・プロジェクト・奈良「劇場公演」 

DSC_8856_convert_20160404092643.jpg

2010年「家族」2011年「一粒の麦」2012年「愛しき者たちの記憶」2013年「あなたに褒められたくて」
2014年「9番目のアンドロイド」2015年「名も無き花の咲く頃に」2016年「初恋」を上演。
創設以来、人間の絆や社会問題といった題材を主軸に劇場公演を展開しています。
※収入の一部を「東日本大震災復興&孤児・遺児&熊本地震復興」支援金として寄付しています。



「学校公演」木の実は誰のもの?
P1000652_convert_20141225104949.jpg

ご依頼受付中!ご相談は080-1492-1150

近畿の子どもたちに生のお芝居の感動をお届けする市民手作りの企画です。
◆公演実績●橋本市立橋本小学校●奈良市立大安寺小学校●御所市立御所小学校●御所市立名柄小学校
●宇陀市立室生西小学校●天理市立櫟本小学校●奈良市立東市小学校●五條市立北宇智小学校
●御所市立秋津小学校●田原本町立東小学校●五条市立野原小学校・・・他
※収入の一部を「東日本大震災復興&孤児・遺児支援&熊本地震復興」支援金として寄付しています。



「ドラマ・ワークショップ」 
P1100105_convert_20120412090652.jpg

◆奈良県体験学習プログラム認定「TPNドラマ・ワークショップ」
※NHK奈良放送で活動の様子が取り上げられています。
イギリスの表現教育をベースにした、オリジナルの演劇ワークショップを県内の小中高校に提供。
※収入の一部を「東日本大震災復興&孤児・遺児支援&熊本地震復興」支援金として寄付しています。



「TPN東日本大震災復興&孤児・遺児支援&熊本地震復興支援」
現在までの寄付総額274,265円(皆様のご協力にお礼申し上げます)

P1090560_convert_20120412091111.jpg

「奈良災害支援ネット」支援金204,265円を寄付。
「NPO法人ふくしま震災孤児・遺児をみまもる会」支援金70,000円を寄付。(継続支援)
(個人支援金Special Thanks・増井ルミ子・岡山明子)
※現在の積み立て残高48,096円
微力ながら今後も引き続き支援させていただきます。何卒、ご協力のほどよろしくお願いいたします。



「TPN海外のこどもたち支援」
india-001_convert_20101212203456.jpg

「インド・ビハール州の学校直接支援」第1弾・筆記用具寄贈
「インド・ビハール州の学校直接支援」第2弾・筆記用具寄贈(Special Thanks増井ルミ子)
「インド・ビハール州の学校直接支援」第3弾・筆記用具&支援金受付中/Special Thanks増井ルミ子/岡山明子
微力ながら今後も引き続き支援させていただきます。何卒、ご協力のほどよろしくお願いいたします。


お問い合わせ&ご相談専用窓口 080-1492-1150

12.20
Tue
2016年度「TPN学校公演&ワークショップ」受付中

P1110783_convert_20130303231923.jpg
※現在までに近畿各地の子ども達から1000通を越える感動のお手紙を戴きました!

お芝居を観たのはいつですか?
まだ観たことはありませんか?
人と人が向き合う空間でしか
伝えられないメッセージがあります


TPN「演劇コミュニケーション事業」は、まだお芝居を観たことのない子どもたちのために企画されたものです。
プログラムは2種類あり、「お芝居を観る」&「お芝居を体験する」です。

★経費の一部を東日本大震災で孤児となった子どもたちへ支援金として寄付します★

《お芝居を観る》フレンズ・シアター

P1000651_convert_20141225104846.jpg
★近畿各地の学校を巡演中
小学生~高校生までが対象で、教室や体育館で簡単に上演できるシンプルな仕様になっていますから、
音響設備さえあれば充分です。また、数十名から数百名まで鑑賞人数も自由です。
分かち合う心や愛と勇気をテーマにした30分程度のオリジナル作品をご覧いただけます。

《お芝居を体験する》演劇コミュニケーション・ワークショップ

P1090952_convert_20111114172618.jpg
★2012年度奈良県「体験学習プログラム」に選定(小中高校)
イギリスで授業に取り入れられているドラマ教育をベースにしたオリジナルの表現遊びです。
青少年のコミュニケーション能力を高め分かち合う心を育てるプログラムです。
小学生~高校生までが対象で、体育館など運動の出来るスペースがあれば用意するものはありません。
参加人数や時間設定は自由です。

《お申し込みされる皆様へ》

※ご依頼:前全国各地どこからでもお申し込みいただけます(最低でも1ヶ月前に要申し込み)
※お申し込み:団体のみ「学校・NPO・市民団体・市町村」単位でお願いいたします。
※予算:特に設けておりませんが開催するにあたっての経費等はご負担いただきます。
※その他:大人・高齢者向けのプログラムもご用意しておりますのでお問い合わせください。
※市民による公益活動のため趣旨や日程等によってはお受け出来ない場合がございます。



フレンズ・シアター★近畿各地の小学校で公演中
「木の実は誰のもの?」小学生向け公演のご案内


◆はじめに
心の時代と言われる現代。東日本大震災を経験した私たちが再認識したことは「他者への優しさと思いやりの心の大切さ」でした。それはいつの間にか私たちが見失ってしまった「人の生きる原点」なのかもしれません。私たちTPNはこうした価値観を共有し全力で活動に取り組んでいます。しかしながら、新聞やニュースで直面するのは悲しい現実です。とりわけ子供たちを取り巻く環境は、なかなか改善の糸口を見つけられない状況にあります。教育現場での様々な困難に加え、家庭内の親子関係も希薄になりつつあるのが現状です。実際、児童相談所における児童虐待の相談対応件数は昨年までの10年間で3倍以上に増加し、5万5千件を超えて過去最多となっています。いま私たちに必要なことは原点に立ち戻ることかもしれません。「共に生きることの大切さ」を知っていくなかに、心の時代を生きるための鍵があるのではないでしょうか。

◆演劇鑑賞を通して
演劇鑑賞には言葉ではない問いかけがあります。インターネットに象徴されるように、現代の私たちは早急に答えを求めがちです。しかし、その分だけプロセスを経て考える機会が少なくなっています。そのためにはまず「頭で考える」より「肌で感じる」という体感が必要なのかもしれません。演劇には人と人が向きあう空間があります。だからこそ「温もり」が生まれ「肌で気付き、考える」ことが出来るはずです。私たちTPNはその「温もり」を大切にし、それをより多くの人に伝えていきたいと望んでいます。

≪木の実は誰のもの? ~あらすじ~≫
アジアの片隅の小さく貧しい村に三日三晩の大嵐が襲います。食べ物も無くなり途方に暮れる村人たち。そこへ、一人の男が木の実を手にして、村は大騒ぎ!見つけた人、先に拾った人、横取りした人…はたして、木の実は誰のもの?村長の下した決断は…。その結末やいかに!

木の実は誰のもの?は小さな村で起きる食糧をめぐる争いからその解決までが描かれた創作の物語です。舞台上で繰り広げられる村の一大事を通して、子供たちはもちろん、そして大人も、「本当に大切なことは何か」、考えるきっかけになるはずです。視点を変えることでマイナスもプラスに出来るということ、優しさが次の優しさを生み出すということ、他者への思いやりの大切さ、支え合うことの大切さ、許すことの大切さなど、人によって様々なことが感じられるでしょう。色々な解釈が可能な奥深さもありますが、分かりやすい構成になっており、途中には生徒と一緒になって考える楽しいディスカッションの時間もあります。三十分ほどの短いストーリーですので、低学年の児童も最後まで楽しんでご鑑賞いただけます。演劇でしか得られない体験が、そこにはきっとあるはずです。

感想をいただいた小学校・先生と子どもたちに感謝!ありがとうございました★


「お申し込み&ご相談」080-1492-1150
※お電話にて、「お名前・ご住所・ご連絡先」を確認させていただいた後、
担当者よりあらためましてご連絡させていただきますのでご了承ください。
お問い合わせお待ちしております!



《シアター・プロジェクト・奈良 団体概要》

●2009年:奈良県民活動支援事業「TPN演劇オーディション・ワークショプ2009」
(主催:社会教育財団・後援:奈良県・平城遷都1300年祭記念事業協会)
●2010年:奈良県民活動支援事業&平城遷都1300年記念公演「家族」公演
(主催:シアター・プロジェクト・奈良・後援:奈良県・平城遷都1300年祭記念事業協会)
※奈良市内に専用稽古場「TPN奈良演劇スタジオ」開設
※演劇による市民公益活動団体として再編成され独立
※インドの貧困地域の学校に学用品を寄贈
●2011年:東日本大震災復興支援「一粒の麦」公演(支援金204,265円寄付)
※奈良市ボランティアインフォメーションセンター・ボランティア活動団体登録
※奈良災害支援ネット(東日本大震災奈良被災者サポートNPO団体)賛同団体登録
●2012年:「TPNドラマ・ワークショップ」奈良県協働推進課「体験学習プログラム」普及構築事業に採択
 「奈良県全域の小学校・中学校・高校を対象とした教育プログラムとして承認」
※「木の実は誰のもの?」近畿各地にて学校公演を実施
※歌と芝居のコラボレーション「愛しき者たちの記憶」」公演(震災孤児支援金17,540円積み立て)
※奈良NPOセンター主催「第8回サマーセミナー」演劇ワークショップ開催
 親子で参加!楽しい演劇体験ワークショップを開催(震災孤児支援金2,100円積み立て)
※奈良NPOセンター「もうひとつの学び舎」演劇プロジェクト 「奈良こども劇団」共催企画実施
●2013年:「あなたに褒められたくて」公演(震災孤児支援金7,606円積み立て)
※独立行政法人奈良医療センター「幸せの種&いのちの作法」ボランティア訪問公演
※奈良県庁医療制作部薬務課「劇で観るクスリの正しい飲み方」オリジナル台本制作・イオンモール公演
※奈良NPOセンター主催「第9回サマーセミナー」演劇ワークショップ開催
「TPNドラマワークショップ」奈良県青少年・生涯学習課「子どもと大人でつくる地域の繋がり事業」に採択
●2014年:「9番目のアンドロイド」公演(震災孤児支援金7,212円積み立て)
※福島県いわき市「ふくしま震災孤児・遺児をみまもる会」に支援金70,000円を寄付
●2015年:「名も無き花の咲く頃に」公演(震災孤児支援金7,474円積み立て)
●2016年:「初恋」公演(熊本地震支援金12,410円積み立て)
※奈良市ボランティアインフォメーションセンター主催「コミュニケーションワークショップ」全5回開催
(主催:奈良市/東アジア文化都市2016奈良市広報連携事業に採択)
※奈良市ボランティアインフォメーションセンター主催「演劇に学ぶコミュニケーション特別編」開催(主催:奈良市)