06.19
Tue
シアター・プロジェクト・奈良「劇場公演」
DSC_8856_convert_20160404092643.jpg

2010年「家族」2011年「一粒の麦」2012年「愛しき者たちの記憶」2013年「あなたに褒められたくて」
2014年「9番目のアンドロイド」2015年「名も無き花の咲く頃に」2016年「初恋」2017年「小さな藻語りをあなたに」を上演。
創設以来、人間の絆や社会問題といった題材を主軸に劇場公演を展開しています。
※収入の一部を「東日本大震災復興&孤児・遺児&熊本地震復興」支援金として寄付しています。


山吹草太 ワークショップのご案内
DSC_800_convert_20170814183004.jpg

《演劇ワークショップ&コミュニケーション・ワークショップ》
日本の若き俳優たちと関わる中で気づいたことは彼らはみな勤勉であるということです。その反面、学んだことが自身の演技に活かされていない現実もあります。演劇や演技に対する知識や技術は勿論必要ですが、なぜ自分の演技が上達しないのかをテキストは教えてくれません。知識から智慧に、技術から真実へ、これらを学んだ後に大切なのが「統合する」という行為です。俳優は自分の中に点在する価値ある知識と経験を自分のものにするために自分自身で「橋」をかけなければなりません。その橋こそが知識や技術を活かしてくれる線となるのです。この演劇ワークショップでは既成概念を取り払う新しい橋を探し出します。
※一般対象の演劇コミュニケーションワークショップ※青少年対象の演劇ワークショップ※俳優のための演劇ワークショップ

《シアター・インプレッション(青少年のための感覚統合メソッド)》
海外の俳優訓練のメソッドを青少年の表現教育や療育現場に活かす為に様々な研究をしてきました。3年間にわたり実験的に実施した「奈良こども劇団」での研究をふまえて「シアター・インプレッション」という独自の理論でメソッドを展開し、現在では放課後等デイサービス等で年間200回を越える感覚統合のプログラムを指導しています。※青少年福祉施設※放課後等デイサービスなどへのプログラム提供※子どものコミュニケーションに不安のある保護者や子育てサークル等のご相談を受け付けています。

◎ご相談は080-1492-1150

シアター・プロジェクト・奈良「震災孤児・遺児支援」
現在までの寄付総額274,265円(皆様のご協力にお礼申し上げます)

DSC_3704a_convert_20120710212822_convert_20170815165805.jpg

「奈良災害支援ネット」支援金204,265円を寄付。
「NPO法人ふくしま震災孤児・遺児をみまもる会」支援金70,000円を寄付。(継続支援)
※現在の積み立て残高65,931円(2017年6月現在)
微力ながら今後も引き続き支援させていただきます。何卒、ご協力のほどよろしくお願いいたします。


《シアター・プロジェクト・奈良 団体概要》

●2009年:奈良県民活動支援事業「TPN演劇オーディション・ワークショプ2009」
(主催:社会教育財団・後援:奈良県・平城遷都1300年祭記念事業協会)
●2010年:奈良県民活動支援事業&平城遷都1300年記念公演「家族」公演
(主催:シアター・プロジェクト・奈良・後援:奈良県・平城遷都1300年祭記念事業協会)
※奈良市内に専用稽古場「TPN奈良演劇スタジオ」開設
※演劇による市民公益活動団体として再編成され独立
※インドの貧困地域の学校に学用品を寄贈
●2011年:東日本大震災復興支援「一粒の麦」公演(支援金204,265円寄付)
※奈良市ボランティアインフォメーションセンター・ボランティア活動団体登録
※奈良災害支援ネット(東日本大震災奈良被災者サポートNPO団体)賛同団体登録
●2012年:「TPNドラマ・ワークショップ」奈良県協働推進課「体験学習プログラム」普及構築事業に採択
 「奈良県全域の小学校・中学校・高校を対象とした教育プログラムとして承認」
※「木の実は誰のもの?」小学校公演実施校
・橋本市立城山小学校・奈良市立大安寺小学校・御所市立御所小学校・御所市立名柄小学校
・宇陀市立室生西小学校・天理市立櫟本小学校・奈良市立東市小学校・五條市立北宇智小学校
・御所市立秋津小学校・田原本町立東小学校・五條市立野原小学校.・他
※歌と芝居のコラボレーション「愛しき者たちの記憶」」公演(震災孤児支援金17,540円積み立て)
※奈良NPOセンター主催「第8回サマーセミナー」演劇ワークショップ開催
 親子で参加!楽しい演劇体験ワークショップを開催(震災孤児支援金2,100円積み立て)
※奈良NPOセンター「もうひとつの学び舎」演劇プロジェクト 「奈良こども劇団」共催企画実施
●2013年:「あなたに褒められたくて」公演(震災孤児支援金7,606円積み立て)
※独立行政法人奈良医療センター「幸せの種&いのちの作法」ボランティア訪問公演
※奈良県庁医療制作部薬務課「劇で観るクスリの正しい飲み方」オリジナル台本制作・イオンモール公演
※奈良NPOセンター主催「第9回サマーセミナー」演劇ワークショップ開催
「TPNドラマワークショップ」奈良県青少年・生涯学習課「子どもと大人でつくる地域の繋がり事業」に採択
●2014年:「9番目のアンドロイド」公演(震災孤児支援金7,212円積み立て)
※福島県いわき市「ふくしま震災孤児・遺児をみまもる会」に支援金70,000円を寄付
●2015年:「名も無き花の咲く頃に」公演(震災孤児支援金7,474円積み立て)
●2016年:「初恋」公演(震災孤児支援金12,410円積み立て)
※奈良市ボランティアインフォメーションセンター主催「コミュニケーションワークショップ」全5回開催
(主催:奈良市/東アジア文化都市2016奈良市広報連携事業に採択)
※奈良市ボランティアインフォメーションセンター主催「演劇に学ぶコミュニケーション特別編」開催(主催:奈良市)
●2017年:「小さな物語をあなたに」公演(震災孤児支援金11,611円積み立て)
※奈良市ボランティアインフォメーションセンター主催「コミュニケーションのための演劇ワークショップ」全5回開催(主催:奈良市)
※はじめての演劇ワークショップ開催(奈良市ボランティアインフォメーションセンター/主催:奈良市)


スポンサーサイト

back-to-top